美容に良い食べ物

美容

豆腐や納豆などの「大豆製品」

豆腐や納豆、お味噌などの「大豆製品」には、豊富な栄養素が含まれています。

「大豆製品」は、健康や美容にいいとされています。大豆製品を取ることによって、どういったことが期待できるのでしょうか。

大豆

それは、「ダイエット効果」、「女性ホルモンの補給」、「生活習慣病の予防」、「便秘の解消」などがあります。

大豆製品の中のどういった成分によって、このようなことを防ぐことができるのでしょう。

それは、「食物繊維」です。食物繊維の中でも大豆製品には、「不溶性食物繊維」が多く含まれています。この「不溶性食物繊維」によって、
食べすぎの予防や便秘の改善につながったり、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える役割をします。

「大豆たんぱく質」は、中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。

「大豆オリゴ糖」という成分も含まれています。この成分は、消化酵素に強いので、大腸まで行き届いて善玉菌のエサになるものです。

「大豆レシチン」は、血管内の水と脂質を結び付けて、老廃物を排出し、動脈硬化を抑える働きをしてくれる成分です。

「大豆イソフラボン」も多く含まれています。「大豆イソフラボン」は、ホルモンバランスが乱れるのを防ぐ働きをしてくれます。

しかし「大豆製品」が健康や美容にいいからといって、食べ方を間違ってはいけません。

一つの大豆製品をずっと食べていくのではなく、まんべんなくいろいろな大豆製品を取ることで、バランスよく大豆製品の効果を得ることができるのです。

保湿と美白には「こんにゃく」

こんにゃく

こんにゃくには、「セラミド」という成分が多く含まれています。「セラミド」には、肌を刺激から守るバリア機能があります。

さらに、メラニンの生成を抑えてくれる美白の作用もあります。そして保湿の作用もあります。

こんにゃくは、「植物性グルコシルセラミド」が含まれています。

この「植物性グルコシルセラミド」は、浸透力が高いので、アトピーで悩んでいる人にとっても症状を和らげるのに効果が期待できます。
そして、シミやしわを改善するとも言われています。

こんにゃくの含まれている「植物性グルコシルセラミド」の含有率は、米や大豆に比べて7倍から16倍もあります。それに加えて、
米や大豆などに比べて、アレルギー反応が低いとされています。

こんにゃくは、美白や保湿の効果が主に期待することができますが、まだまだ他にも期待できることがあります。

それは、「ダイエット」、「デトックス」、「生活習慣病の予防」、「骨粗しょう症の予防」などがあります。

こんにゃくに含まれている、セラミドの成分を効果的に取るためには、生芋こんにゃくを食べることでしょう。

しかしこんにゃくも、そればかり食べていては栄養偏ってしまいますので、こんにゃくだけを食べることは控えて、バランスの良い食事を心がけることが必要です。

リコピン豊富「トマト」

トマト
トマトに含まれている「リコピン」とは、カロテノイドの一種のことで、トマトの赤色成分のことです。

「リコピン」は、抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の原因となっている、活性酵素を取り除く役割があります。

それに、紫外線から肌を守り、しわの予防にも効果が期待できます。

トマトに含まれるリコピンは、美肌の効果以外にも、認知症の予防や脳卒中のリスクを減らすことにもつながっています。

それでは、「リコピン」をどうすればうまく摂取することができるのでしょうか。

リコピンは油に溶けやすい成分ですので、イタリア料理のオリーブオイルを使用した料理などで、摂取するとおいしくリコピンを摂取することができます。

次に、トマトは、加熱するほうがリコピンの吸収率が上がりますので、生で食べるよりもスープなどで食べるほうがリコピンを効果的に取れます。

さらにトマトは摂取する時間によって、リコピンの吸収率が変わってきます。リコピンの吸収率が一番いいのは朝です。

朝にトマトジュースを飲むことで、リコピンの吸収率が高くなり、効果的にリコピンを摂取することができるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る