おすすめの町医者

町医者

神戸協同病院

神戸協同病院は、1948年に開設された長い歴史を持った病院です。神戸市長田区にこの病院はあります。

この病院は、地域に密着した信頼される医療を行ってきています「地域医療部地域連携係」を開設していて、開業医の方との連携を
スムーズにできるように取り組んでいます。

さらに、託児所が併設してあり、子供がいる看護師さんでも働きやすい環境になっています。

この神戸協同病院には、2002年に「睡眠外来」が開設されています。「睡眠外来」は、睡眠時無呼吸症候群かどうかの判断や、治療を行っています
睡眠
睡眠時無呼吸症候群は、眠っている時に起こる呼吸の異常です。これによって、日中眠くなったり、集中力がなくなったりして、交通事故などにつながるケースも少なくありません。

合併症も多くあり、「糖尿病」、「高血圧」、「肺性心」、「脳梗塞」、「心筋梗塞」などを引き起こすこともあります。

このようなことにならないために、「睡眠外来」では、問診で症状を確認したり、診察で検査するかどうかを判断することで、睡眠時無呼吸症候群を治療していきます。

検査は簡単なものです。患者は入院して、朝まで眠るだけでいいのです。その間に脳波の状態や呼吸の状態、いびきなどを確認します。

一泊二日での検査になりますので、時間もそんなにかかることはありません。

医療法人仁風会 小原病院

医師
「医療法人仁風会 小原病院」は、神戸市兵庫区にある病院で、1970年に開設以来、医療機器、特に呼吸器に関して力を入れて取り組んでいる病院です。

そして、呼吸器が小原病院には85台もあります。小原病院は、神戸大学医学部附属病院や災害医療センターなどと連携しています。

この病院は、「地域に根ざした病院作りを目指して」をモットーにしています。子育て中の看護師さんでも託児所があるので、働きやすい職場です。

小原病院は急性期病院で、「急性期病院」とは、急性疾患や慢性疾患で緊急な状態の方を、入院や手術などの高度な医療をする病院のことです。

こちらの病院では、「地域医療連携室」を設けていて、病気やけがで不安な患者本人や家族の方に対してのフォローを行っています。

そして、退院時にも、その人それぞれに応じた対応をして、地域医療や福祉施設などとの連携を図って、退院後の生活に不自由がないように
していきます。

フラワーロード 服部内科

神戸市中央区のフラワーロードにある「服部内科」は、内科、呼吸器科や循環器科のほかに、禁煙をサポートする外来や生活習慣病の相談ができたり、
漢方診療などがあります。そして、「服部内科」は女性医師なので、女性特有の病気の相談もすることができます

「禁煙をサポートする外来」では、タバコによる「ニコチン依存」と「心理的依存」を取り除いていけるような手助けを行っています。
禁煙

喫煙は、癌や呼吸器疾患、動脈硬化になる確率が高いです。そのような病気にならないようにするために、
禁煙補助薬や、禁煙の資料でサポートしています。2006年からは、症状によっては保険が適用できるようにもなっています。

「生活習慣病の相談」は、糖尿病や脂肪肝、動脈硬化症や肥満症などのメタボリック症候群を予防するために、
栄養士と連携して、栄養指導を行っています。そして生活習慣を改善できるように指導していきます。

「漢方診療」は、一人一人の体調に合わせて漢方を調合していきます。そして、病気の予防にも漢方を処方します。

漢方の処方も健康保険扱いでの処方となっています。

そして、女性医師であるからこそできる、「女性特有の病気の相談」は、冷え性や生理不順、更年期障害などの病気のことで、
漢方によって改善を目指します。それに加えて、「アロマセラピー」や「ヨガ」による治療も一緒に行い、症状を改善するようにしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る