神戸市休日の診療所一覧

病院

小児科「神戸こども初期急病センター」

子供はいつ病気になったり、ケガをするかわかりません。

お昼までは元気に遊んでいたのに、夜になって急に高い熱が出ることもあります。

子供熱

かかりつけの小児科は夜は診てもらうことができないので、どうしようと不安になる方は多いでしょう。

そんな不安を取り除いてくれるのが、夜間、休日に診てもらうことができる病院です。

ここでは、「神戸こども初期急病センター」について、どんなところで、主にどういうことをしているのかを
見ていきましょう。

「神戸こども初期急病センター」は、かかりつけの病院が開いていない時や、ケガが複雑で自分たちでは対処できない時などに利用することができる病院です。

病院の診察時間は、普段行っている病院とは正反対で、夜19時半から翌朝の6時半までです。それに加えて、土曜日は14時半から翌朝6時半まで、日曜日や祝日に至っては、8時半から同じく翌朝6時半まで診察してもらうことができます。

例えば、もし夜子供が急に高熱を出しているが、病院にいくまでではないのでは、と、診療してもらうかどうか悩む方もいるでしょう。

そんな方のために、「神戸こども初期急病センター」では、電話相談も行っています。

この電話相談は、看護師の方が電話に出てくれ、今の状況や子供の様子を教えれば、的確なアドバイスをしてもらうことができるのです。

この電話によって、やっぱり診察を受けたほうがいいという方は病院へ向かうことになりますし、家で安静にしておけばいいと分かれば、少しは安心して
子供を家で見守ることができます。

このように、電話相談もうまく使って、「神戸こども初期急病センター」を利用するかどうか判断しましょう。

「神戸市医師会東部・西部休日急病診療所(灘区・西区)」

「神戸こども初期急病センター」は、子供のみが診てもらうことができる夜間、休日の診療センターでしたが、

これから紹介する「神戸市医師会東部・西部休日急病診療所」は休日の昼間に救急で診てもらえる病院です。

休日

神戸市は広くて大きいので、東部と西部、中央区に分かれています。こちらでは、東部と西部の急病診療所について見ていきましょう。

「神戸市医師会東部休日急病診療所」は、神戸市の灘区にあり、子供の診察は受け付けてはなく、15歳以上の方の内科のみの診察になります。

もう一つの「神戸市医師会西部休日急病診療所」は、こちらは内科、小児科とも診療があり、場所は神戸市西区です。

この二つの休日急病診療所は、夜間は受け付けておらず、休日の9時から16時半までの診療になっています。

東部休日急病診療所は、駐車場がありませんので、徒歩かバスで行かなければいけません。

西部休日急病診療所は、駐車場がありますので車での利用も可能です。

「神戸市医師会休日急病診療所(中央区)」

急病
「神戸市医師会休日急病診療所」は、灘区にある東部、西区にある西部、そしてこれから見ていく中央区の三つが存在します。

中央区にある神戸市医師会休日急病診療所では、診療する科目によっては夜間診療もあります。

こちらの診療所にも小児科はありませんので、15歳以上の方のみの診療になります。

小児科は、「神戸こども初期急病センター」で診てもらうことができます。

診療科目は、「内科」、「耳鼻咽喉科」、「眼科」、「産婦人科」があります。内科に至っては、夜間休日の診療があり、耳鼻咽喉科と眼科でも土曜日の夜間診療があります。

かかりつけの病院を受診することが一番いいことですが、急に体調が悪くなることもありますので、そんな時は、夜間休日に利用できるこのような病院を
事前に調べておく必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る